湘南で建築家と建てる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

神奈川県茅ヶ崎市における基礎断熱のメリット・デメリットは?床断熱とのちがいも解説

家づくりノウハウ
公開日:2022.09.30
最終更新日:2024.01.15
松尾建設株式会社の家づくり写真
松尾建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2022.09.30
最終更新日:2024.01.15

神奈川県茅ヶ崎市における基礎断熱のメリット・デメリットは?床断熱とのちがいも解説

家小物の上の天秤棒とメリットとデメリットの文字
近年日本は、夏に涼しく冬は暖かく1年中快適に過ごせる家、いわゆる高断熱住宅が増えています。高断熱の注文住宅を建てる際に「基礎断熱」、「床断熱」という工法を耳にしたことがあるかもしれません。
今回は、高断熱住宅に取り入れられている2つの断熱工法にフォーカスしてメリット、デメリット、また種類などを詳しく解説していきましょう。

目 次

基礎断熱っていったい何?

ZEHと住宅
基礎断熱とは、住宅の基礎コンクリートの段階で、全体を断熱材で覆い断熱する工法です。昭和50年代に北海道で初めて施工されて以降、寒さの厳しい土地における断熱工法として多く使われてきました。住宅の最下部である基礎に断熱材を取り入れることで、床下の温度を室内と同じように調整。その結果、冬場室内にいるのに底冷えしたり、足元が寒いと感じたりすることがなくなり、暖かく気密性の高い住宅を実現しました。

近年、省エネ性能が高く、エネルギーを生み出す機能を備えた住宅、ZEH(ゼッチ)が注目されています。ZEHの基準を満たすためには、基礎断熱のような高断熱工法がおすすめといえるでしょう。

基礎断熱と床断熱の違いについて

住宅 断熱イメージ
床下を断熱する方法は、前述した基礎断熱と床材のすぐ下に断熱材を施す床断熱の2種類があります。それぞれの断熱工法の大きく異なる点は、「断熱材を施す場所」です。床断熱の場合、フローリングなどの床材の真下に、断熱材を施工し、床暖房効率をアップさせたり、底冷えを防いだりする効果があります。
しかし、経年変化により、一度床と断熱材との間に隙間ができてしまえば冷気が上がってくる可能性も。断熱材を施す際は、配線やパイプなど細かい設備のあるスペースに注意し、全体の厚みを均一にそろえなければいけません。

一方で、基礎断熱の場合は、基礎のコンクリート部分へ直に断熱材を施す方法なので、外気温を感じにくく、夏は涼しく冬は暖かい快適な温度環境を維持することができるのです。

基礎断熱には種類が2通りある

基礎断熱は、2つの施工方法に大別できます。1つ目が基礎の外側を断熱材で覆う「基礎外断熱」、2つ目が基礎の内側に断熱材を張り付ける「基礎内断熱」です。
ここでは基礎外断熱と基礎内断熱それぞれの特徴、メリットやデメリットをお伝えしましょう。

基礎外断熱とは?メリット・デメリットを紹介

基礎外断熱とは、基礎の外側を断熱材で包み込むように覆う施工方法です。床断熱のように床材と床下の間に断熱材を埋めていくよりも手っ取り早く、簡単であると考案されました。メリットは、床断熱のように厚みに制限がないので、断熱材のボリュームを増やせることや、施工が容易なことが挙げられます。デメリットは、床下に換気扇を設置して、常に空気を循環させておく必要があることです。空気循環が不十分だと湿気が溜まり、カビや結露が発生する恐れがあるからです。
また、断熱材と基礎の間は暖かいため、シロアリ被害が多い場所でもあります。さらに基礎の周りを断熱材で覆っているため、シロアリの侵入経路を発見しづらい難点も。基礎外断熱を採用する場合には、使用する断熱材や防蟻処理の仕方などの工夫をした方が良いでしょう。

基礎内断熱とは?メリット・デメリットを紹介

基礎外断熱でシロアリ被害の問題を解決しようと考案されたのが、基礎内断熱です。基礎内断熱は名前の通り、基礎の内側へ断熱材を張り付けます。シロアリの被害を防ぎつつ、基礎断熱の良さも取り入れた方法といえるでしょう。メリットは、断熱材の厚みを制限なく増やすことができること、断熱材を施す際に気密処理をする箇所が限られていることです。そのため、日本の比較的暖かい地域では、基礎外断熱より基礎内断熱の方がポピュラーになりました。反対にデメリットは、基礎外断熱と同じく換気扇を使い、常に床下の空気を入れ替える必要があります。基礎外断熱より湿気は溜まりにくいですが、基礎内部も室内と同じ空間と捉えるためです。
また、施工については、基礎の外側よりも内側の方が、複雑な構造をしているため、断熱材を施すのは容易ではありません。

基礎外断熱と基礎内断熱どちらがいいの?

基礎外断熱は、基礎内断熱と床断熱をあわせた3つの中では、最も気密性、断熱性に優れており、床下からの冷気を感じにくい特徴があります。しかし、基礎内断熱の方が、断熱性がやや劣るとはいえ、シロアリ被害にあいにくい安心感もあり、デメリットは少ないといえるでしょう。
上記で紹介した以外にも、基礎の外側と内側どちらも断熱材を施す「基礎両側断熱」という方法もあります。シロアリや湿気対策をしっかり考慮したうえで、自分の住む土地にはどちらが合っているか、ハウスメーカーや工務店等の住宅会社に相談するのもいいでしょう。

床断熱のメリット・デメリットについて

床の断熱工法としてはじめに発案されたのが、床断熱です。床断熱はフローリングなどの床材の真下へダイレクトに断熱材を取り付けるため、床下空間は外と位置づけられます。メリットとしては、長く使われてきた工法なので技術が確立されており、品質が安定している点です。また、床下空間の換気がしっかり行えるので、シロアリ被害や湿気によるカビの心配が少ないでしょう。基礎断熱よりコストを抑えられる良さもあります。

一方、デメリットは断熱材の厚みに限度があることです。一般的に床断熱は、床の厚みおおよそ105mm~120mmの中へ断熱材を入れ込むため、床の厚みと断熱材の厚みはほぼ同等になるでしょう。そのため、断熱性能も制限が出てきます。さらに床内はグリッド状に部材が配置されており、それらを避けながら断熱材を入れていくので、気密性にも限界が。
一戸建て住宅で高い断熱性や気密性を求める場合は、基礎断熱がおすすめです。

基礎断熱と床断熱を選ぶときのポイント

ポイント
基礎断熱と床断熱のどちらを選ぶかは、お住まいの地域の環境や気候をチェックするといいでしょう。基礎断熱は、断熱性や気密性が優れているので寒い地域で採用されているケースが多くみられます。床断熱だと、外気の影響は受けにくく、床下の空気を効率よく換気できるのでカビやシロアリの心配は少なくなります。
家づくりをするうえで、希望の性能、コストなど何を重視するかをポイントに選ぶようにしましょう。

>>神奈川県茅ヶ崎エリアで高性能住宅にこだわる理由、高性能住宅の要素とは?
>>神奈川県茅ヶ崎エリアで高断熱・高気密の住宅は光熱費がお得になる?詳しくはこちら!

神奈川県茅ヶ崎市エリアのZEH基準は?

茅ヶ崎市街並み
冒頭で触れた、省エネ高性能住宅であるZEHですが、これは各地域の気候によって基準が異なります。そこで基準をクリアするための指標として使われるのが、屋外にどれだけ熱が放出されるかを表すUA値です。このUA値をクリアしないと、高断熱、高気密住宅とは呼べません。UA値は数字が小さければ小さいほど断熱性の高い住宅と認められます。
茅ヶ崎市や湘南・平塚市の省エネ基準は0.87、ZEH基準は0.6です。この基準を満たすことができれば、ZEHと呼べるでしょう。

>>ZEH基準をはるかに上回る高断熱住宅とは?R+house茅ヶ崎の家づくりについて

高性能住宅を検討している方はぜひR+house茅ケ崎でご相談を!

お洒落な木目の広い廊下と玄関
R+house茅ケ崎では、高性能住宅にとことんこだわりを持っています。せっかく夢のマイホームを建てても、快適な温度環境でないと暮らしやすいとは言えません。
R+houseの高性能住宅のUA値は、茅ヶ崎の省エネ基準0.87を⼤きくクリア。また、長期優良住宅の基準もはるかに上回る全国でもトップクラスの断熱性能を標準仕様としています。

>>茅ヶ崎市で高性能な家づくりのために随時イベント開催中!詳しくはこちら

新築での高断熱・高気密住宅をご検討の方は、ぜひR+house茅ケ崎へお問合わせください。

>>省エネ基準をクリアした高性能な注文住宅「R+house茅ケ崎」についてはこちら
白と木目のキューブ型の家
#注文住宅 #新築 #R+house #エコな暮らし #高断熱 #長期優良 #ZEH #基礎断熱 #床断熱 #個別相談 #家づくりの基礎知識 #性能 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

松尾建設株式会社の家づくり写真
お金
2024.02.29

【フラット35】なぜ自営業の強い味方なのか?

松尾建設株式会社の家づくり写真
お金
2024.02.29

【神奈川で注文住宅】フラット35の「子育てプラス」の特徴を解説

松尾建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.17

【茅ヶ崎市】建て替え時の解体費用にも補助金

松尾建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.09

お風呂場に窓って必要ですか?

前へ
【フラット35】借りるのに適しているはどんな人?
茅ヶ崎市の高断熱高気密住宅の光熱費!エアコンはつけっぱなしがお得って本当?
次へ
【フラット35】借りるのに適しているはどんな人?
茅ヶ崎市の高断熱高気密住宅の光熱費!エアコンはつけっぱなしがお得って本当?

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

「土間があると思った以上に生活しやすい」とS様
S様(アキヒロさん・ノゾミさん)
神奈川県茅ヶ崎市
土間のある生活に大満足
 数年前に茅ヶ崎に引っ越されたS一家は、駅近くのマンションを購入してお住まいでした。当時も一戸建てにするかマンションにするか検討し、建売住宅も見学したそうですが、玄関の面積や細かく区切られた間取りに狭苦...
「土間があると思った以上に生活しやすい」とS様
S様(アキヒロさん・ノゾミさん)
神奈川県茅ヶ崎市
土間のある生活に大満足
 数年前に茅ヶ崎に引っ越されたS一家は、駅近くのマンションを購入してお住まいでした。当時も一戸建てにするかマンションにするか検討し、建売住宅も見学したそうですが、玄関の面積や細かく区切られた間取りに狭苦...
続きをみる
リビングでくつろぐU様
U様(シンジさん・クミコさん)
神奈川県茅ヶ崎市
結果、リビングは2階になったんです(笑)
 U夫妻が弊社を知ったきっかけは、茅ヶ崎のお友達からの情報だったそうです。  クミコさん: 茅ヶ崎で家を探そうかと思っていた時に、私の友人が「地元の工務店の松尾建設さんが良いよ」と教えてくれたんで...
リビングでくつろぐU様
U様(シンジさん・クミコさん)
神奈川県茅ヶ崎市
結果、リビングは2階になったんです(笑)
 U夫妻が弊社を知ったきっかけは、茅ヶ崎のお友達からの情報だったそうです。  クミコさん: 茅ヶ崎で家を探そうかと思っていた時に、私の友人が「地元の工務店の松尾建設さんが良いよ」と教えてくれたんで...
続きをみる

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

物件写真
個別相談会
2024年6月01日~7月31日
個別対応
【in茅ヶ崎】マイホームの理想を叶える!個別相談会
マイホームの知りたい疑問を無料で解決します!
参加費無料

松尾建設株式会社の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

松尾建設株式会社の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R+house茅ヶ崎(松尾建設株式会社)
住所
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南3-1-15
営業時間
09:00~18:00
休業日
火曜日、水曜日